男の人

人気の海外進出

ビル

インドネシアの治安は問題もなく、マーケットとしても成長しています。そのため日本から進出を考える人も増えており、会社設立のサポートを行う企業も多く存在しています。親日国家としても知られるインドネシアは、日本人に適した進出先です。

もっと詳しく

実情は確率が低い

会社

会社売却の成功率は数パーセント程度とかなり低くなっています。この成功率を上げるためには、コンサルティング会社の選択を見誤らないことです。コンサルティング会社に求められるのは、広いネットワークを持っていることです。

もっと詳しく

理想の物件探しから

ビジネス

貸店舗を探す時は業種によって水道や電気、キッチンなど必要な設備が大きく違ってくるので、業種に合った物件で絞り込みましょう。設備がそのまま残っていてすぐにでもお店が始められる居抜き物件は初期費用を抑えたい方におすすめです。心斎橋でも探してみましょう。

もっと詳しく

一流のみが残る時代

先生と生徒

生徒を集める戦略

少子化の時代になり、塾に来る生徒の数が少なくなっている事が懸念されている反面、子供一人当たりにかけることのできる教育費に余裕ができている事が塾の経営の追い風になっているという局面もあります。塾は二極化しています。進学を第一に考えた塾は進学率が高いのですが、その分費用が高くかかります。しかし教育費の集中化によりこのような塾が人気になっているのです。半面、二流以下の塾には、生徒が集まりにくくなっていることで経営の縮小や閉鎖なども相次いでいるのです。塾を開業するには、進学率を考慮した塾を開業することがおすすめです。しかし最初は実績もありませんので、いかに営業活動を行い生徒集めを実施するのかが大事なポイントになります。

コンセプトを重視する

塾を開業する際には、講師の頭数を揃えるなどの必要性もありますが、どのように生徒を集めるかの経営戦略が、成功と失敗を分ける分岐点となるのです。一度入った生徒は長続きさせる必要があります。そのためには、生徒が通いたいと思う戦略や工夫が必要になります。それが成功すると生徒の数は口コミで増加していきます。そのため最初の生徒集めが肝心になるのです。他との差別化もポイントの一つです。進学させるためには、勉強を詰め込むことが一般的ですが、勉強法はそれだけではありません。どんなコンセプトを持って経営を行うのかがキーポイントになるのです。一流といわれている塾も自習室を完備したりするなど環境面の配慮は高くなっています。開業する前に考慮しておく材料の一つです。